本文へ

お知らせ

多賀町と「地域の見守りネットワークに関する協定」を締結しました 報告

【2016.11.01 更新】

 コープしがでは、生協の事業や活動を通して、誰もが安心できる地域づくりに取り組んでいます。県内で10万世帯以上にご利用いただいている生協の宅配や夕食宅配では、毎週同じ曜日(夕食宅配では週5日)の同じ時間に、同じ担当者が地域を回り、商品や夕食弁当をお届けしています。一人暮らしの組合員や、地域の高齢者とお会いする機会も多いという特性を活かし、自治体との「見守り協定」の締結をすすめており、多賀町は9つめとなります。

 協定内容は、コープしが職員が配送等の業務中に、地域の高齢者、障がい者、子ども等の異変に気づいた場合などに、多賀町に情報を提供するというものです。

協定書の締結日

平成28年(2016年)10月17日

多賀町との「見守り協定」の主な内容

(情報提供)多賀町内でコープしが職員が業務中に次の状態を発見した時の情報提供

・高齢者、障がい者、子ども等の異変および行方不明者を発見したとき
・不審者を発見したとき
・道路等の異常を発見したとき
・不法投棄と思われる廃棄物、動物の死体等を発見したとき
・河川等の溢水を発見したとき

(災害時等の協力)多賀町内に災害が発生し、または発生のおそれがある場合の協力

・コープしが職員が業務中に発見した道路等の損傷状況や被害状況の情報提供
・コープしがが所有する車両の緊急車両としての提供
・コープしが組合員に対する災害ボランティアへの協力推進や連携

(参考)これまでに「見守り協定」を締結した市町

米原市、長浜市、草津市、高島市、近江八幡市、彦根市、愛荘町、甲良町(締結順)

最近の記事