本文へ

お知らせ

『滋賀のこどものほほえむ力サポート事業』へ100万円を贈呈しました 報告

【2020.10.14 更新】
  
 
―新型コロナウイルス等の影響による生活困窮家庭への社会支援―
『滋賀のこどものほほえむ力サポート事業』へ100万円を贈呈しました

2020年10月13日、生活協同組合コープしがは、新型コロナウイルス等の影響による生活困窮家庭への社会支援の一環として、社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会(以下県社協)が呼びかける「滋賀の子どものほほえむ力サポート事業」へ100万円を贈呈しました。


「滋賀の子どものほほえむ力サポート事業」は、県社協が、“コロナの影響による困窮のなかで、ほほえむ力をなくしている子どもたちを応援したい!”と2020年6月から取り組む、緊急小口資金の貸付を利用された世帯のうち中学生以下の子どものいる世帯に、金券を届ける取り組みです。


コープしが理事長 白石一夫からは県社協会長 渡邉光春様へ目録を贈呈、県社協会長 渡邊様からは感謝状を頂戴いたしました。


▲滋賀県社会福祉協議会会長 渡邉光春様と白石理事長

今年の7月、コープしがが生活協同組合としてもっと地域のお役に立つためのご相談に県社協様を訪問。その際に本事業について伺ったのを機に、各事業所・店舗に募金箱を設置して組合員・職員に募金を呼び掛けていました。また組合員の多くは子を持つ親であり、コロナ禍での子どもの気持ちや様々なつながりが薄れていく状況を不安に思う声が多く寄せられています。このような背景から、本事業の主旨に賛同しコープしがができる支援の一つとして今回の贈呈に至りました。


コープしがのお店や配送センターに募金箱を設置(7/11~9/23)して取り組んだ滋賀の子どものほほえむ力サポート事業の「滋賀の子ども緊急支援募金」25,215円は、別途送金しました。ご協力ありがとうございました。

今後もコープしがは、「ともにつくる 笑顔あふれる未来」の理念のもと、組合員・地域のみなさまとともに、誰もが笑顔で健やかに暮らすことのできる社会づくりに貢献します。

滋賀県社会福祉協議会会長 渡邉光春様からのメッセージ

「特例貸付申請者の約3割が中学生以下の子どものいる世帯。この子どもたちに向けて、ひとりでも多くの賛同を得ながら滋賀県民の温かい眼差しを届けたいと考え本事業を実施することとなった。今回、コープしがからの支援を通して20万人の県民(組合員)にこのサポート事業の輪に加わっていただけたことは、心強い。今後も笑顔があふれる家庭が増ていく事業に取り組んでいきたい。」

 

滋賀県社会福祉協議会では、「滋賀の子どものほほえむ力サポート事業」への支援をクラウドファンディングで受け付けています ↓↓↓

【コロナショック!緊急支援募金】滋賀の子どものほほえむ力!
〇目標金額 40万円
〇実施期間 9月1日(火)10時~10月30日(金)23時
〇プロジェクトぺージ
https://readyfor.jp/projects/shiga-hohoemuchikara
〇クレジットカードや銀行振込でご支援いただけます。
最近の記事
ページトップへ