本文へ

新春対談

意志あるつながりで これまでにない地域福祉をめざしましょう

(左から)生活協同組合コープしが 理事長 白石 一夫、社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会 会長 渡邉 光春 氏、

明けましておめでとうございます。
コープしが福祉政策ではそれぞれの地域の人たちが安心して暮らせるよう、地域住民や公私の社会福祉関係者がお互いに協力して福祉の課題に取り組む「地域福祉」を掲げています。

今回は「地域福祉」を中心的に担う社会福祉法人 滋賀県社会福祉協議会(社協)の会長渡邉光春氏に滋賀県の「地域福祉」について、現状や地域の未来について伺いました。


「ひたすらなるつながり」で福祉を担う

白石理事長

白石理事長

白石理事長(以下、白石) コープしがにとって身近な存在である滋賀県社会福祉協議会様ですが、改めて「地域福祉」についての考え方や大切にされていることを伺えますか。

渡邉会長(以下、渡邉) 社会福祉協議会(以下社協)は法律で「地域社会を担う中核団体」と位置付けられています。全国の連合会である全国社会福祉協議会、県単位の滋賀県社協、市町単位の各市町社協と3層で「地域福祉」を担っています。

滋賀県社協は「だれもが『おめでとう』と誕生を祝福され、『ありがとう』と看取られる人間的共感に根差した共生社会の実現のため『ひたすらなるつながり』の理念のもと、不断の地域福祉実践を行う」を掲げています。「ひたすらなるつながり」とは、近江学園の創設者・糸賀先生が学園の落成式におっしゃった「子どもたちへの共感を元に様々な方がただひたすらにつながってできた建物だ」という言葉からきています。「つながる」というのはそこに「つながろう」という意志があってこそ。福祉を志す者の原点は「意志あるつながり」だと考え理念にしました。

白石 社協さんとコープしがの「つながり」は、1995年の阪神・淡路大震災の時から。災害直後からコープしがもボランティアに入りましたが、いち早く現地入りした社協さんがボランティアのコーディネートをしてくださいました。

また、高島市社協さんとの見守りネットワーク活動を通して気がついたのは、社協さんの活動がプラットホームになっていること。そこに私たちが持ち得る資源を提供しつながることが、地域のセーフティーネットになるのだと実感しています。


コロナ禍で顕在化した社会的課題

渡邉会長

渡邉会長

渡邉 2020年から続くコロナ禍で、生活課題を持つ人が増えましたね。基礎疾患を持つ方の生活困窮は拍車がかかり、人に会えないことにより社会的な孤立がすすみました。報道などにあるように、家庭内でのDVや児童虐待、また若年者の自殺など様々な問題が浮上しました。生活課題を持っている人への影響は非常に大きく、生きづらさを抱えている人の量と質の拡大が起きていると実感しています。

白石 元々社会にあった本質的な問題が浮上してきたということでしょうか。

渡邉 まさしくそうです。そして問題を抱える人が見えにくい状況にもなっています。高齢者福祉であれば65歳以上、障害者福祉であれば障害支援区分、児童福祉であれば18歳までと制度には区分があります。どこにも当てはまらない生活困窮者、生きづらさを抱える人が、福祉制度から漏れてしまうということが起こっています。

白石 「困ったときにはまず社協さんに相談!」というくらい、地域に広まるといいですよね。

渡邉 そうなれるように、発信力をつけていきたいですね。


地域でコープしがができること

渡邉 生きづらさを抱える人の中でも、子どもや若者の支援を目的に、昨年3月「地域養護推進協議会(※1)」が生まれました。

家庭で十分な養育が受けられない子どもたちは社会が家庭に代わって児童養護施設で養育・保護するわけですが、18歳になると一人で自立しなくてはいけません。けれどそう簡単にはいきませんよね。この協議会は、頼れる家族や実家のない子ども、若者に「困っても困らなくても行きたくなるような居場所」が必要と考える中で、滋賀県児童福祉入所施設協議会と共に、県に居場所と相談支援の仕組みを提言し、実現したものです。平和堂財団様のご助力により整備された守山市にある「マザーボード」が協議会の拠点です。

マザーボード

マザーボードの内観

この地域養護推進協議会では、児童養護施設を退所した若者だけではなく、ヤングケアラー(※2)と呼ばれる子どもたちやひきこもりの子どもたちなど、困難を抱え、生きづらさを抱える子どもたちすべてを支援の対象としています。

白石 しんどい時に、「しんどい」と言える場所があるというのは本当に大事ですよね。

コープしがで何ができるのかを考えたとき、20万人の組合員さんが、ご近所さんのことをちょっと気にかけ、声をかけるというような気遣いと関わりができると、たぶん地域の状況は変わると思うんですよね。

渡邉 生協の組合員さんが、「〇〇でこんなことが起きている」「そんなときはここへ聞くといい」といった情報提供者になってくれたり、困っている方の代わりに相談に行く=代弁機能を持っていただいたりすると、 いろいろなことができるのではないかと思います。みんなで考えるということが地域福祉ですね。

白石 地域福祉について一緒に考え、行動できるようぜひ、協定を結ばせていただきたいと思います。また、「子どもの笑顔はぐくみプロジェクト(※3)」に賛同する団体として加入したいと思っています。具体的には、物流センターで発生する商品の端数在庫の寄付や、組合員が参加できる基金の創設を検討したいと思います。(どちらもスタートしました!)


滋賀らしい地域福祉を一緒につくりましょう

渡邉 互いに持続的に滋賀県をよくしていく協働のパートナーとなりたいと思います。コープしがの組合員さんが地域福祉に関心を持って参加してもらえると心強いです。また、社協では先ほどのマザーボード、子ども食堂、ひきこもり支援など、居場所づくりを広げているところです。組合員さんにも様々な形で居場所づくりに参加をしていただけるといいなと思います。

白石 そうですね。地域でくらしを支え合うシステムはいろいろとあるはずなんですが、意外と組合員、市民からは見えていないと感じます。コープしがからも地域福祉に関する情報を提供していくことで、今まで気づかなかった組合員に、そこに暮らす市民として簡単に関わっていける機会をつくっていきたいです。

渡邉 人と人とがつながり、共感を育む。まだ世の中にない、滋賀らしい地域福祉を一緒につくりましょう。


「しが子どもの笑顔はぐくみサポート基金」をスタート!
しが子どもの笑顔はぐくみサポート基金

みなさんのご利用が、しがの子どもたちを笑顔にし、県内生産者の応援につながります!

組合員が、県内産の商品を1点利用するごとに1円をコープしがが基金に積み立てます(宅配:コープしがマルシェ2~5ページ「もっとこだわりSHIGA/SHIGA市場」、店舗:地場産農産物の商品が対象)。積み立てた基金は年に1度、滋賀県社協が設置する「子どもの笑顔はぐくみプロジェクト(※3)」に寄付します。

詳しくは、スパイラル1月号10ページ、もしくは 「しが子どもの笑顔はぐくみサポート基金」 をご覧ください。

※1 地域養護推進協議会
生きづらさを抱えていたり、困難な状況にある若者を、社会や地域で支えるために、福祉や医療、司法などの支援機関や団体と連携し、問題解決を推進する協議会
※2 ヤングケアラー
本来大人が担うような家事や家族の世話、介護などの家族のサポートを行う18歳未満の子ども
※3 子どもの笑顔はぐくみプロジェクト
子どもを真ん中においた地域づくりをさらにすすめるための応援団をつくるプロジェクト

ページトップへ