本文へ

CO・OP 共済


コープしが 共済事業フロア
マネージャー
山本やまもと 深雪みゆきさん

大規模な自然災害や未知の危険な感染症など、何が起きてもおかしくない不安定な世の中。私たちの暮らしや命を守るためにも、普段からあらゆるリスクに備えておくべきでしょう。
そこで今回は、組合員同士の助け合い精神から生まれたCO・OP共済について共済事業フロア マネージャー・山本深雪さんにお話をうかがいました。

そもそも共済って何?

共済とは、組合員同士でお金を出し合い、困ったときに助け合う“相互扶助”の仕組みのこと。家計の負担をなるべく少なくして保障を手厚くするのが共済の役割。そのため、保障内容の割に比較的掛金が手頃です。

人のくらしに温かく

ひと口に共済といっても、さまざまなものがありますが、CO・OP共済の特長は常に職員が身近にいるということ。

毎週の配達やお店の窓口などを通じて、「共済金の請求忘れはないですか」「くらしの困りごとはないですか」と声をかけ、加入者の意見や要望を細やかに取り入れながら、保障の内容をさらに充実したものへと改定しています。

高額な死亡保障や医療保障など、希望にあった保障を職員に相談してみてください。

女性の安心をカタチに

CO・OP共済は生協の組合員が対象のため加入者には女性が多く、女性の声を反映した商品があります。

中でもその柱となるのが《たすけあい》女性コース。女性がかかりやすい病気での入院を手厚く保障しています。たとえば帝王切開や子宮筋腫といった女性特有の病気や膀胱炎、白内障などの女性に多い病気で入院した場合には、通常の入院日額にプラスして日額3,000円をお支払いしています。

また、包丁で手を切ったり、コンロでやけどをしたりといった小さなケガの通院も、家計に負担を及ぼすと考えて日額1,000円を保障(L2000円コースの場合)。さらには火災や風水害でお家が20万円以上の被害にあった場合などには、住宅災害共済金をお支払いしています。

このように女性のくらしに寄り添った《たすけあい》女性コースですが、「生命保障や入院保障をもう少し手厚くしたい」「がんにもきちんと備えたい」という組合員には、最高3,000万円の生命保障を受けられる《あいぷらす》を用意。入院特約や新がん特約を付帯できます。

ありがとうの声

※実際のお支払いは共済金請求書ご提出後の判断となります。

女性特有の病気・入院にも手厚いのが魅力

掛金がお手頃で、女性特有の病気での入院にも強いので、CO・OP共済を選びました。ネットで手軽に申し込みができたのも、とても便利で記入の手間も省け、助かりました。

(Iさん:女性コース)


妊娠中でも加入できてよかったです

妊娠していても加入できる保障を探しているときに、CO・OP共済を知りました。掛金が安く、保障内容も満足のいくものだったので、加入できてよかったです。

※ご加入には一定の条件があります。詳しくはお問い合わせください。

(Sさん:女性コース)

モデルケース その1 ケース1のおすすめプランと保障内容
モデルケース その2 ケース2のおすすめプランと保障内容
※1 共済事業規約に定める支払対象手術を受けた場合。手術の内容により金額が変わります。
※2 2年に1回を限度として何度でも。1回目は、がんと診断確定した場合に支払います。2回目は、がんと診断確定された日から2年経過以降にがんによる入院をした場合に支払います。支払回数に制限はありません。
※3 1日目からの支払い、日数無制限
※4 20日以上連続した入院をして無事退院した場合。退院後180日以内の再入院にはがん退院共済金はお支払いしません。
※5 5日以上連続した入院の退院後180日以内の通院。1入院につき30日分まで。全共済期間(契約を更新・更改した場合を含みます)通算して1,000日が限度です。
※上記は異なる保障商品の保障金額の合算です。それぞれの商品は保障内容・支払基準等が異なります。
※《たすけあい》《あいぷらす》は異なる保障商品です。いずれかひとつでもご加入になれます。
※詳しい保障内容については、加入申込書付宣伝物をご覧ください。
※ 《あいぷらす》の月掛金は2013年9月2日以降発効契約の月掛金です。(2013.9.1改定)
※上記とは別にがん治療共済金が200万円のコースもあります。
※新がん特約の「責任開始日」は、申込日から91日目、または発効日のいずれか遅い日となります。
詳しくは、加入申込書付宣伝物をご覧ください。

お電話でのお問い合わせは コープしがコープ共済センターまで
フリーダイヤル0120-50-9431 受付時間:9:00~18:00(月~土)

CO・OP共済に加入するには、出資金をお支払いいただき、お近くの生協の組合員になることが必要です。
契約引受団体/日本コープ共済生活協同組合連合会
ページトップへ