本文へ

ぐるぐる回そう、リサイクルの 
「ハートコープしが」ってなぁに?

コープしがの子会社として、2018年11月1日に設立された「ハートコープしが」。農業と福祉をつないで新たな雇用を生み出すだけでなく、限りある資源をムダなく再利用する循環型社会への取り組みを行っています。

捨てるモノを価値あるモノに 
みんなにうれしい未来のカタチ

[ハートコープしが]のロゴマーク。1番上の土色のハートは「大地(農業)」、ピンクは「福祉」、緑は「環境」、水色は「びわ湖」を表しています

ハートコープしがのコンセプトは、私たちのロゴマークにすべて集約されています。1番上の土色のハートが大地(農業)、グリーンが環境、ピンクが福祉、そしてブルーがびわ湖です。これら全部をつないでみんながイキイキと働ける場を作るのが、ハートコープしがを設立した目的。業務は、農業部門とリサイクル・クリーン部門に分けられ、野洲市と近江八幡市にある2つの事業所で行っています。

野洲事業所ではコープのお店や青果加工センターから出る野菜のくずでたい肥を作り、そのたい肥などを使って小松菜や、ほうれん草を育てています。収穫した小松菜などは傷みのある葉を省いて袋詰めにする「調整」の後、組合員の手元へ。調整で省いた葉も残らずたい肥として再利用しています。

[お話をうかがった人]
ハートコープしが 専務取締役 寺田真一さん

近江八幡事業所では、宅配の商品案内書や仕分袋、家庭から出る牛乳パックや卵パック、お店で回収したペットボトルやトレーをきちんと分別し、価値ある資源に加工しています。さらに昨年7月から、常温の商品をお届けする青い箱(折りコンテナ)や夏場の配達に欠かせない蓄冷剤の洗浄もスタートさせました。今後は関連施設の清掃作業など、ますます活躍の場を広げていこうとしています。

以下のものを回収し、リサイクルできるように加工しています

回収するもの

宅配

商品案内書・仕分袋・牛乳パック・卵パック

コープしがのお店

ペットボトル&キャップ・食品トレー・牛乳パック、カットや加工で出た野菜くず

青果産直センター

検品・パッキングで出た不良品

野洲事務所ではこんな活動をしています

野洲事務所のみなさん

野洲事務所のみなさん

野洲事業所ではコープのお店や青果加工センターから出る野菜のくずでたい肥を作り、そのたい肥などを使って小松菜や、ほうれん草を育てています。
「安全な野菜が食べたい」「環境に配慮したくらしがしたい」という組合員さんの想いをカタチにしています。

野菜くずから作った堆肥を利用し、野菜を栽培しています

野菜くずを細かく破砕、脱水します。その後、たい肥製造機に投入して、60度の熱風で乾燥すると24時間後にたい肥が完成! その堆肥を利用し、「コープファーム中主」で小松菜やほうれん草などをハウス栽培しています。

収穫した葉物野菜は、土がついた根元をカット、傷みや虫食いがないかチェックした後、袋詰めして出荷します。取り除いた葉っぱも捨てずにたい肥にします。

野菜くずも有効活用!

サラサラ、ふかふかのたい肥

[コープファーム中主]
野菜くずのたい肥などですくすく育った小松菜をていねいに手摘みします

組合員さんのことを思いながらていねいに調製。組合員さんに喜んでもらえると嬉しいな!

組合員さんの元へ!(宅配・お店)

 調整作業のスタッフみんなで「今日は何箱、調整できたか」を毎日記録しています。それは他人との競争ではなく、昨日の自分との競争。日々の達成感の積みかさねが、仕事のやりがいや成長にもつながります。


発泡スチロールを資源として販売できるよう加工しています

食品トレーや古くなった保冷箱(シッパー)などの発泡スチロールを、資源として販売できるように加工しています。

要らなくなった発泡スチロールを溶かして…

のべ棒みたいにぎゅっと圧縮

近江八幡事務所ではこんな活動をしています

近江八幡事務所のみなさん

近江八幡事務所のみなさん

組合員さんに気持ちよく利用してもらえるよう、折りコンテナ・蓄冷剤の洗浄とリサイクル品の加工をしています。

宅配の常温商品をお届けする青い箱(折りコンテナ)は1月に4万枚、繰り返し使用できるプラスチックの蓄冷剤は1時間に900枚を洗浄しています。

蓄冷剤もピカピカに☆

折りコンテナも蓄冷剤もこの大きな機械でしっかり洗浄

回収されたリサイクル品は、このように生まれ変わります

商品案内書

⇒再生紙の原料に

卵パック

⇒ペットボトル⇒再び卵パックに

ペットボトルキャップ

⇒プランターに

商品仕分袋

⇒東南アジアでレジ袋の材料に

牛乳パック

⇒トイレットペーパー、ティッシュに

トレー

トレーや古くなった保冷箱などの発泡スチロールは、野洲事務所にて加工

スタッフの声

スタッフの西川さん

 入社して5年目。現在では“リサイクルセンターのサブリーダー”とよばれています(笑) 最近では職場に新しい仲間が2人も増え、指導する機会が多くなりました。そんなとき心がけていることは、難しい言葉を使わず、できるだけやさしく丁寧に教えること。お互いに協力して一緒に働ける仲間がいることが、僕の何よりの喜びです。

西川 和樹 さん

スタッフの澤田さん

 去年の9月に入社したばかりですが、思った以上にすんなりと仕事や職場の環境に慣れました。私の仕事は、収穫した野菜の葉っぱの破れや穴あきを取り除き、同じサイズにそろえて袋に詰めること。素早く丁寧に作業をこなせるように毎日頑張っています。最近の楽しみは、職場のみんなでかにを食べに山代温泉に行くことです。

澤田 もえ さん

スタッフの小澤さん

 ハートコープしがは、ともに生き、ともに働き、ともに創ることができるところ。一人ひとりが社会・地域・組織の一員として、仕事を通して「誰かの役に立ちたい」「誰かを笑顔にしたい」という想いをカタチにしようと頑張っています。「ありがとう!」「美味しいよ!」の声が私たちの原動力です。

小澤 郁乃 さん

ページトップへ