本文へ

お知らせ

ユニセフ「ロヒンギャ難民緊急募金」へのご協力ありがとうございました 報告

【2018.01.08 更新】

 2017年8月25日以降、暴力から逃れるために、ミャンマーのラカイン州からバングラデシュに逃れてきたロヒンギャ難民は60万人以上。その半数以上を占める30万人以上の子どもたちが今、危険にさらされています。

 ユニセフは子どもたちとその家族への支援活動を拡大しています。昨年11月には栄養強化週間を実施。子どもたちの栄養不良を防ぎ、治療するためのビタミンAが投与され、健康状態の検査を受け、急性栄養不良と診断された子ども達が、医療機関へ照会されました。

 コープしがは日本ユニセフ協会が実施する「ロヒンギャ難民緊急募金」の取り組みに応え、組合員に募金への参加を呼びかけました。この度募金額が確定し、2017年12月29日にユニセフの指定口座に送金しましたので報告いたします。皆さまのご協力ありがとうございました。

 

ユニセフ「ロヒンギャ難民緊急募金」金額

2,291,260円

 

ロヒンギャ難民の最新情報は こちら

最近の記事