本文へ

組合員活動情報

子育てにシュタイナー教育をとりいれてみよう!歌と手あそびの講座 【ひろば活動:ちいさいおうちひろば】

【2020.03.05 更新】

ひろば活動 ちいさいおうちひろば

子育てにシュタイナー教育をとりいれてみよう!
歌と手あそびの講座


開催日 1月30日(木)10:30〜13:30
開催場所 守山市立図書館 集会室
参加人数 大人25人 子ども18人


取り組んだきっかけ

シュタイナー教育講座「歌と手遊びが親子にもたらす効能、自宅でのとりいれ方、子育ての心の持ち方」を学んで、それがとてもわかりやすく、自分の子育てが、スムーズにいくようになったので、もっとたくさんのお母さんにも、同じ講座を受けてほしいと思い、企画しました。

工夫したこと

講師の先生も、担い手の自分たちも、大人数での講座をすることは初めてだったので、何を準備したらいいのかや、段取りなどに、右往左往しました。参加予定の子どもの数が22人と、とても多く、託児のことや安全のことが心配でしたが参加者のみなさんの気遣いもあって、無事に終えることができました。

伝えたいこと

子育ては「いつでも元気いっぱい」でなくてもよく、かるく歌うことで、子どもとともに親の心もほぐれ、のびのびと生活できるようになります。ちいさい子どもの、体感を育てるには、体を動かす遊びで優しく導く必要があります。

参加者の感想

  • 心地よかった。歌を、どのように歌うのか意識することができました。
  • ふれあい遊びや歌を通して、コミュニケーションし、自主をはぐくむことへつながっていくことが非常に興味深かった。家庭内保育のなかに取り入れて、楽しんでいきたい。
  • 子どもは、バタバタと動き回っていたが、子守唄が歌われた時、手を止めて聞いていたのが印象的でした。
最近の記事
ページトップへ