本文へ

組合員活動情報

ギフテッドって知っていますか? <ひろば活動:発達凸凹★異才>

【2018.12.07 更新】

ひろば活動 発達凸凹★異才

ギフテッドって知っていますか?


開催日 9月24日(祝)10:00~14:00
開催場所 ふれあいプラザ視聴覚室
参加人数 大人14人


取り組んだきっかけ

日本では、ギフテッドは発達障害の一つとされています。支援の方向性や方法において彼らの自尊心が損なわれ、本来持っている才能が認められないまま過ごすことになり、不登校につながったりして適切な支援が必要です。

工夫したこと

ギフテッドに関心のあるお子さんにも理解できるよう、小泉先生にはスライドを工夫してわかりやすくしていただきました。

伝えたいこと

発達障がいとは異なるギフテッドという高い才能を持つ子どもたちの存在を知っていただきたいです。彼らは言葉のイメージとしての「天才」ではなく、日常生活や学校生活において困り感が多く、特別なニーズを持っています。多様な特性を理解し、お互いが認め合える社会が実現すれば良いと思います。

参加者の感想

  • 図書館には、ギフテッドについての本はあまりなくて「天才!!」という言葉だけが印象に残り、手に取ることをしてきませんでした。今回、お話を聞いてすごく身近に感じることができ、もっと知りたいと思いました。
  • 分かりやすく話していただけました。親だけで来たので子どもも参加させれば良かったです。
  • 子どもにも特性を伝えて、本人が自分の良いところ、得意なことを自分で意識していけるようにしたいと思いました。
最近の記事