本文へ

組合員活動情報

「不思議なクニの憲法」上映会 【8/25(金)】

【2017.11.01 更新】

<ひろば活動 くらしに身近なけんぽうのこと>

「不思議なクニの憲法」上映会


開催日 8月25日(金)13:30~16:00、18:00~20:30
開催場所 滋賀県教育会館中会議室
参加人数 大人59人

取り組んだきっかけ

憲法施行から70年、私達の“くらし”がどんどん変えられようとしています。「憲法改正」「国民投票」という言葉が行きかう中、憲法のこと、あまり考えてこなかったなぁ。学校で習った「主権在民」「戦争放棄」「基本的人権」…。まずは知らなくっちゃ…ということで企画しました。

工夫したこと

新聞社にチラシ掲載をお願いしたり、手作りチラシを図書館や市民活動センターなどでも配布しました。

伝えたいこと

  • 憲法に関心を持ってもらいたい。憲法には、9条だけでなく、くらしにかかわる大切な条文がある。
  • 「憲法はわたしたちのもの」…主権者はわたしたちであり、憲法は権力の暴走を防ぐために、権力者を縛るものであること。
  • 法律より憲法が上にあること。(憲法の理念に従って法律はつくられる)

参加者の感想

  • 憲法について様々な角度から考えることができて、とてもよかった。
  • 今の日本の社会、政治、メディアの状況にとても危機感を感じます。
  • もう一度、憲法を学びなおさなければ自分の意見を持てないと思いました。こういう議論を日本国民みんなでしたいと思いました。
  • 権力者を縛る憲法という認識を共有したい。
最近の記事