本文へ

組合員活動情報

「見分ける眼を養おう!食育体験・隊!」開催報告 【6/17(土)】

【2017.08.02 更新】

2017年度 西地区企画「たべる*たいせつ親子クラブ」第1弾
「見分ける眼を養おう!食育体験・隊!」開催報告


開催日 6月17日(土)9:30~12:00
開催場所 コープぜぜコミュニティスペース[ホール]
参加人数 10家族(大人10名、子ども14名)、大山乳業、ラック楽・鶴田さん(栄養士)他2名


店内で楽しく商品探し

牛乳飲み比べ

内容

◆コープぜぜ店で
お買いもの体験売り場での食材の探し方・選び方を体験します。
◆牛乳の選び方と学習
牛の飼育から搾乳した生乳が牛乳として生産されるまでを学びます。おいしさのひみつ生産者のこだわりを聴きます。牛乳には色んな種類があることを学び実際に飲み比べ(大山乳業)
◆食育学習
(栄養士)ラック楽代表の鶴田さんから包丁の使い方・栄養バランスを考えた食品の選び方を学びます。
◆サンドウィッチをつくって食べよう
選んだ食材でサンドウィッチをつくり、試食します。

参加者の感想

  • たのしかったし、牛乳は一頭、一頭大切に育てていることが分かった。学校では毎日牛乳がでているからのこさずしっかり飲みたい。(11歳)
  • お買い物体験もクッキングも家ではしたことがあまりなくてできてよかったです。自分の手作りはやっぱりおいしいと思いました。(8歳)
  • お買い物体験もクッキングも家ではあまりさせてあげたことがなくとても貴重な体験でした。ピザは具だくさんででしたが、焼くとびっくりするほどカサが減り、野菜もたっぷりとれるなあーとビックリ(女性)
  • 子供は学校で調理体験がありますが、スーパーでの食材選びから学べて家庭と違った雰囲気の中で楽しかったです。(女性)
  • 子どもにも牛乳が小学校で給食の一つとされている理由、牛乳が搾乳されパックになるまでの製造過程、処理の方法で味が変わること良い経験をさせていただき良かったと思います。これからも食育体験を進めて欲しいと思います。(男性)
最近の記事